地主にとって、土地活用は頭を悩ませる大きな問題となっていることが多いです。土地は更地にしておいても収益を生みません。それどころか、固定資産税がかかったり、草木の除去など管理に費用がかかったりします。土地活用というと、賃貸住宅を建てたり、駐車場経営をしたりすることがすぐに思い浮かびます。しかし、周囲のニーズを捉えずに、不動産会社に言われるままに賃貸住宅を建ててしまうと、その後、空室に悩まされてしまうこともあります。土地活用には賃貸住宅や駐車場経営の他にもいろいろな方法があります。例えば、スーパーに一括で土地を貸してしまうという方法です。建物はスーパー側で用意してもらうことで、建物の管理コストはかかりません。大きな道路沿いにまとまった土地を保有している場合には、スーパーを経営している企業のホームページを覗いてみると良いです。

業績好調なスーパーは常に不動産の情報を求めています。手当たり次第、問い合わせをしてみて、話を詰めて行きましょう。また、大きな道路沿いに面していなくても、有効な土地活用が図れる場合があります。それは高齢者住宅や介護施設の運営事業者に賃貸するという方法です。介護施設などであれば、ニーズが高くなっていっている分野でもあります。ただ、スーパー等の商業施設、介護施設や高齢者住宅などの賃借ニーズが、運営会社のホームページに載っているからといって自分で探すことはなかなか難しいことも確かです。売買契約を結んだりするノウハウがない人も多いでしょう。興味はあるが不安を感じるという人は、大手不動産会社や大手住宅メーカーに相談をしてみると良いです。これらの会社は土地活用のノウハウを数多く持っています。日々、不動産情報が集まってくる場所でもあります。多少のコストはかかってしまいますが、その分、自分は楽をすることができます。自分の土地にはどのような施設を誘致するべきかというアドバイスを貰うこともできます。スーパーや介護施設に貸すほどまとまった土地がないようなケースでは、飲食店に貸すことも検討してくれます。もちろん、ケースによっては賃貸住宅や駐車場などの提案もあります。

いずれにせよ、自分は提案されたいくつかの選択肢の中から自分が納得できるものを選べばよいのです。土地活用を失敗しないためには、しっかりとした検討が必要です。土地活用イコール賃貸住宅と思い込まずに、あらゆる選択肢を考えてみると良いです。