制作方法で違ってくるオリジナルTシャツの魅力を紹介

オリジナルTシャツ

他の誰ともかぶらない自分だけのオリジナルTシャツを作成したいとき、まず自分の作りたいデザインやTシャツの色、素材など作成します。こうして自分でTシャツに印刷して作ることも出来ますが最初から自分でTシャツを作るにはかなりの手間暇がかかります。専門業者に頼むとより簡単にこだわりのオリジナルTシャツが出来ます。業者を探すとき大事なのは、価格が安いだけではなく、何枚から制作出来るか、色や素材など自分の好みに合った作成が可能かデザインの変更やアフターフォローが万全きちんとしているかなど自分がこだわりたい所のサービス、デザインが可能かチェックする事が大切です。初めてのオリジナルTシャツをする人にもわかりやすく説明がある業者を探します。同じデザインでもプリント方法違うと出来上がりの雰囲気が違ってきます。

オリジナルTシャツプリントの中で定番のラバープリント

オリジナルTシャツを初めて作る方がたくさんの枚数で安く作りたいなら定番でコストがかからないのがラバープリントはおすすめです。ラバーインクはペンキのように固いのでインクを生地の上のせるプリント方法です。インクがのった状態から乾燥して定着します。ラバーインクの種類は大きく分けて油性と水性があり、油性はゴムのような質感があるのに対し水性はサラッとした質感です。黒や色物の生地に適しています。スポーツユニホームなどチーム名やナンバーによく使われています。他にも古着のような風合いを出すカスレラバープリントがあります。しっかりとした素材なので家庭でも作成出来るアイロンシートもあり簡単に作成できます。ただ洗濯にするときは印刷面を裏にして洗い、タンブラー乾燥などは避けた方がいいです。

柔らかい風合いのオリジナルTシャツが出来る染み込みインク

古着のような柔らかい風合いのオリジナルTシャツを作る時、染み込みインク又は顔料インクとも言われイメージとしては絵の具のような感じです。特徴としてラバーインクが生地のせる手法に対して、染み込みインクは生地にインクを染み込ませインクが滲んだように見えるため、柔らかい素材の風合いを損なわずにインクの色を重ねる事ができます。土台になる生地の色は濃くハッキリとした色を使うのではなく、淡い色の記事の方が染み込みインクの発色がよくなります。白い生地だと実績の色より明るく発色します。このインクはポリエステルの生地には印刷せきませんが染み込みインクプリントの後洗うことでインクと生地が馴染みさらに味わいのある風合いになります。洗えば洗うほどにカスレ状態が変わり味のある風合いが楽しめます。