相続等で土地を購入したものの、その土地活用に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。アパート経営や大家としての資産運用等、資産としての土地活用を将来にわたる安定的な収入源として、取り組む事例もインターネット上では多く取り上げられています。その土地活用のひとつが洗車場経営です。資産運用方法としては、あまり聞かれないものですが、ほかの土地活用にくらべ、それなりにメリットはあります。最近、注目を集めているアパート経営の場合、管理会社が実運営を行うとのことですが、どうしても空室が発生した場合のリスクは避けがたいものがあります。また、建築費等も重くのしかかってきます。では、こちらも身近な土地活用として注目を集めている駐車場経営はどうでしょうか。こちらも空車のリスクはあります。ただし、整地費用はかかるものの、アパート経営のように上物はありませんから、収入として多くはないものの、リスクは低いといえるでしょう。

さて、洗車場経営の場合はどうでしょうか。アパート経営よりはコストはかかりません。駐車場経営よりはコストはかかるでしょう。施設費がどうしてもかかるからです。つまり、初期投資としては、アパート>洗車場>駐車場となります。一方、見込める収入としては、アパート>駐車場>洗車場となります。こうしてみると、洗車場経営は見入りが少ないことになります。割が合わなく見えるでしょう。ですが、本当にそうでしょうか。アパート経営や駐車場経営の場合、その立地条件が非常に重要になります。アパート経営であれば、駅からの距離、周辺環境等にメリットがないと、空室のリスクは高くなるため、固定資産税等のランニングコストもばかになりません。駐車場経営も同様です。駅近であれば、コインパーキング等、初期投資も少なく、それなりに安定した収入が見込めますが、一方で、郊外ではすでに駐車スペースを2台備え付けた上で販売されている分譲住宅も多く、駐車場にしたからといってすぐに空きが埋まるとは限らないからです。その点、洗車場には、その存在さえ地域住民に認識してもらえれば、立地条件もあまり関係ありません。何しろ、自動車で移動してきますので、多少不便な場所であっても、それほど大きな問題にはならないからです。

設備を最新のものにしておけば、口コミでお客さまを増やすことも可能でしょう。これらのことから、洗車場経営にも一定のメリットがあるといえます。検討に値する土地活用といえるでしょう。